2008.03.23

《世界フィギュア 男子FS》「バンクーバーで金メダル」への必要なステップ

久々に心臓バクバク状態で観てました(^_^;)、高橋大輔選手のFS。

もったいなかったですね、最後に追加しちゃったジャンプ。
確かにあれがコンビネーションじゃなければ表彰台には上がれたわけですが、そもそもは最初のジャンプミスなわけですから。
上位3選手の「FSの出来の納得度」を考えると納まるところにしっかり納まった、とみるべきではないかという気がします。
特にバトルが最終滑走でノーミスなんて初めて観たかも?というくらい。
自分のプログラムを信じて滑りきったことがまた素晴らしい。
男子は複数の4回転ジャンプが必須と言われてますが、GOEで確実に加点を得て完成度の高い演技で勝負するという道もあるんだ、と示したとも言える。
まぁ、バンクーバーでは更にレベルが上がるとは思いますが。

正直、今回の高橋の仕上がりはよくなかった。
最初の4回転ジャンプも決まりはしたけど、これはジャンプはかなりヤバいんじゃない?と危惧したのが的中してしまい…(/_;)
一時期心配された精神面が原因というよりは、ピークが四大陸選手権で来てしまってたのかな、という感じ。
でも、彼の目標は五輪の金メダルですから。
今大会うまく行かなかったことも、ちゃんと来シーズンに克服してくれるでしょう。
いままでだってそうやって成長して、世界チャンピオンを狙えるところまで来たわけですから。

今回は小塚選手が頑張ってくれて、五輪出場枠のかかる来年の大会も3枠確保(上位2名の順位合計が13以内)できましたし、信成選手も復帰してきますから、また楽しみなシーズンになるでしょう。
女子ばっかじゃなく男子だって面白いんだぞ!ってところを見せつけてほしいですね。
特にGPの中継やってる某テレビ局@六本木あたりに(苦笑)
そういう意味ではFSだけとはいえ、生中継したフジテレビはエラかった。
できればSPも関東ローカルじゃなく全国中継して欲しかったところですけど。
ま、それは来季に期待ということで。

| | Comments (686) | TrackBack (0)

«【第16節 vs徳島】シーズン通せばイーブンといえど…