« 直感? | Main | 判断・決断・実行 »

2004.04.18

なんのための守備か

サッカーとはゴールを奪う競技である。
相手よりそれが多ければ勝利、ただそれだけ。
しかし、90分攻め続けていられるわけではない。たったひとつのボールで、相手も同じことをしようとするからだ。
ゴールを決めるためにはボールを保持せねばならない。だから相手の攻撃を止め、ボールを自らの支配下に置こうとする。
つまり、そもそも守備とは「自ら攻撃を始める」ためのものなのだ。

失点が多いのは確かに問題だ。減らす努力は必要だろう。
だが「攻撃は最大の防御」という言葉もある。それはサッカーの場合、絵に描いた餅ではない。
なぜなら攻撃している間は相手が守備をするのだから。相手が守備をしている間は攻撃できていない、ゴールを奪われることはないということだから。

言葉遊びのように見えるかもしれないが、これが根源だと思う。
どうもいまのベガルタは失点恐怖症でサッカーの原点を見失っているとしか思えない。ゴールマウスを守るために守備をする、とにかく相手を止めなくては、それだけしか考えられなくなっているように見える。
だから選手が混乱してしまう。サッカーが難しく思えてしまう。

けれど、忘れてはいけない。
相手より多くゴールを奪わねば勝てない。攻めなくては勝利はない。
「負けたくない」という気持ちが「勝ちたい」という気持ちを上回ることは決してないのだ。
それを忘れてはいけない。


……大宮戦後も相変わらず選手からは「気持ちの問題」と耳蛸な言葉が出た。
それはいったいなんなのか。そこを考えてみた。

|

« 直感? | Main | 判断・決断・実行 »

Comments

おほほ~、私のほうが2日早かったようで(笑)
ここんとこ人様のお宅で叫んでたので、いい加減にせんと、
と思って自宅作りました。
ココログはね、標準だとカスタマイズの範囲が狭いのよ。
そこが難点なんだけど、興が乗ったら有料にアップグレードすると
して、いまのところはとりあえず。

しかしあれですね、「得点のニオイ」ってどんなだっけ?って感じ(涙)
負けないことも必要だけど、「守るために守る」ってのじゃあかんでしょ。
意識の問題って思う以上にデカいっつーのがわかってないのかあの方は……。

Posted by: showko | 2004.04.19 13:48

うふふふ。
SHOWKOさんったら、いつのまにブログ?
やっぱココログが使いやすそうねぇ。

なんのための守備か?!
まったくですね。
攻撃は最大の防御なり。
あの方のお国にはことわざないのでしょうかね。

Posted by: SEPIKO | 2004.04.19 07:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なんのための守備か:

» 大宮戦雑感 [■SP-Factory ★ 晴れのち晴れ■]
またしても3対1の乾杯。 第6節にして勝ち点僅かに「3」それどころか得失点差「−14」断トツトップだ。 ... [Read More]

Tracked on 2004.04.19 11:41

« 直感? | Main | 判断・決断・実行 »