« 【第9節 vs湘南】たのしい連休 | Main | バレーボール、いよいよ正念場 »

2004.05.05

【第10節 vs山形】黄金週間継続中。みちのくダービーRd.1

第10節 山形0-0仙台(山形県陸)

試合後、山形視点で中継を見ていた姉が「ストレス溜まる試合だった」とメールを寄越した。同じ映像を見ていた私は「ハラハラしてた」と返事をした。
それぞれの立場での素直な感想だが、両監督会見コメントにもあるとおり、山形にとっては「勝てた試合だったのに」、仙台にしてみれば「満足とは言えないまでも納得のドロー」、要はそういう試合だった。

前半のベガルタにはいいところがほとんどなかった。抜かれまくるシュートは打たれまくる攻めては取られまくるで、無失点だったのが不思議なくらい。
ただ、星とデーニの決定的なシュートを立て続けに防いだことで、なんとなく今日はいけそうだ、と感じたのも確かだ。
後半は立ち上がりからリズムよく攻めていたし、これはゴールも時間の問題かと思っていたのだが、それも萬代の退場で水泡に帰す。あれがシミュレーションとはかなり納得いかないが、そこを問題にするよりも(簡単に倒れないことは大事だが)彼には1枚目の警告を大いに反省してくれと言いたい。異議で警告をくらう以上に無駄なことはない。
とにかくそこからは防戦一方だったし、連戦での疲れも考えればよく踏ん張った。同じ引き分けでもスコアレスは守備に自信がついてきたという点では意味がある。
次に向けては、大柴と村上にはシュート特練指令でも出してくれ、といったところか(苦笑)

そういえば、懸案事項と思っていた中継の人選だが、しばらくぶりに聞いたらちゃんとした解説になっていて驚いた(笑)
S級ライセンス講座は相当ハードで内容が濃いと聞いているが、やはりそれだけのことはあるのだと妙なところで実感した次第。

それにしても。
今回のダービーで一番悔しかったのは、萬代が退場になったことでもドローに終わったことでもない。
動員が2万人を超えてしまったことだ。
たとえ半数(以上)がベガサポだったにせよ、仙スタが現状どおりである限り超えられない数字。嗚呼口惜しや。

|

« 【第9節 vs湘南】たのしい連休 | Main | バレーボール、いよいよ正念場 »

Comments

淳さんがなかなか仕掛けてこなかったので、
その分余計に、勝てたんじゃ…とも思うけど、
ズデンコは様子見過ぎで動けなかったのかなーという気が(^_^;)

ショージはねぇ、シュートの質はいいのよ、質は。
パワーありそうなボールを、抑え目の軌道でなかなかの
スピードで打ててると思うの。
でも枠行かないとゴールにならないのよね……(溜息)
大柴のツメの甘さもFWとしては(以下略)

Posted by: showko | 2004.05.07 12:51

同感です。
「引分け上等」と言う展開だったと思いますが
ひょっとしたら勝てたのでは・・・とも。

本当に、しょうじにはミドルシュートの撃ち方を
誰かキチンと指導して欲しいものです。
枠だぜ、枠!!

Posted by: アナグマ | 2004.05.07 09:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【第10節 vs山形】黄金週間継続中。みちのくダービーRd.1:

« 【第9節 vs湘南】たのしい連休 | Main | バレーボール、いよいよ正念場 »