« 【第12節 vs大宮】4年7ヶ月ぶりの90分勝ち | Main | バー当てシュート練習 »

2004.05.19

【第13節 vs甲府】勝ち点1の捉え方

第13節 甲府2-2仙台(小瀬)

いやもうとにかくよく追いついた。
今日の甲府戦はそのひとことに尽きる。

なにに驚いたって、選手たちの折れないこころ。勝ち点1をその手に捉えた要因はそれしかない。
はっきり言って前半はサイアクだった。ボールはキープできない、全然走れてない、サイドも押し込まれっぱなしで攻撃にならない。完全に受けに回っていた。
後半になってようやく形ができてきつつあるところに立て続けに失点。
甲府の両サイドがすごくよかったし、小倉も後半は特に怖かった(昔は突貫小僧だったのに、あんなプレーするようになったんだなぁ(^_^;))
でも、どんなによくない状態でも点を取られても、まだ大丈夫、もっとできる、きっと点が取れると信じているのがわかったし、時間が少なくなってきても変に焦ったりしていなかった。
残り5分を切って相手陣内に押し込み続けてた時には、確かになにか起きそうな気がしたし、トライアンドエラーを繰り返しつつ最後にはゴールまで辿り着いた。
……いつの間にこんなに逞しくなったかな(^_^;)
問題点は山盛りあるけど、タイムアップ後の選手の表情で本人たちが一番よくわかってると知れたので心配はしていない。
勝ち点1を取ったからこそわかることもある。それをモノにできればまた一段ステップアップできる。

それにしてもあと1点入ってたかもしれないのにもったいなかった…。
いや、ゴールラインで掻き出されたあれじゃなくて、そのはね返りをバーの上に外しちゃった萬代のヘッド。反応が遅れたかな? まだまだ精進!
同じく菅井もいろいろ見つけたろうし、また先に楽しみができたというもの。

今日のMVPは文句ナシに直樹!
あっちにもこっちにも顔出して足出して(笑)、守って守ってスルーパス出してシュート打ってまた守って。……土曜日大丈夫だろか。
今後、同点ゴールのアシストのアシストした拓巳や章吾がいなくなる時が来たら怖いけど、シルビと直樹がいっぺんに出られなくなったらと思うともっと怖い。カードや怪我には気をつけてくれ(-人-)

気がつけば上も下もぴったりくっついた豪華な(?)9連団子。ウチの6敗も目立たなくなってきた。
しかも周りはドロー沼経験者ばかり。
今日の「勝ち点1」をどう捉えてどう生かすか、今後をしっかり見守りたい。

ちなみに、今日の村上・大柴。
すっかり枠の位置を把握したらしい(笑)
あれだけ動いてる大柴がGKが前に弾くしかないシュートを打ち、村上は右足で強烈なミドル!
どこぞの祈祷が効いてるようで。

|

« 【第12節 vs大宮】4年7ヶ月ぶりの90分勝ち | Main | バー当てシュート練習 »

Comments

昨日はスカパー見ながらラジオ聞いてました。
あの実況は、映像があればこの上なく楽しいということが判明(笑)
さりげにツボにハマる佐々木さんのコメントがナイスなのよ。
昨日は「やめましょうよこの話」というバロンネタ切り上げに笑った(^_^;)

ショージのミドルね、どうしたんでしょうねほんとに(笑)
でもずーっと記憶を辿ると、2001年の天皇杯1回戦でも点決めてるんだよね。
あれからかなーり彼の脚には期待してきたんだけど、やっと報われてきたかも(^_^;)
考えてみればあのころ、いまのU-23候補合宿に呼ばれたりもしたのよねぇ。

今季はある意味2001年の好調ぶりより見ごたえある。なんたって最下位からの逆襲だもの(苦笑)
成長ぶりを目の当たりにできるってのは楽しいね。

Posted by: showko | 2004.05.20 21:15

私は、ろじゃー実況のラジオだったので、状況が全く???でした。
しかし、0-2からの引分けで、勝ち点1ゲット
す、すばらしい!

負けている状況での前向きな粘り
しょーじの枠に飛ぶシュート
1ケ月前には想像もできなかったことが、現実になってます。
最近の戦い振りが、2001を思い起こさせます。

さて、J2はshowko殿がおっしゃるとおり、ふろん太を除けば
白熱した団子レース。
なんとかなりそうな気がしてきました。

Posted by: アナグマ | 2004.05.20 17:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【第13節 vs甲府】勝ち点1の捉え方:

« 【第12節 vs大宮】4年7ヶ月ぶりの90分勝ち | Main | バー当てシュート練習 »