« バレーボール、いよいよ正念場 | Main | 神降臨! »

2004.05.09

【第11節 vs水戸】1巡終了、反撃開始

第11節 仙台4-1水戸(仙スタ)

まさしく「黄金週間」だった11日間。
4連戦をいままでが嘘のような3勝1分。
しかも水戸戦は4得点の爆勝。1失点は確かによけいだが、課題を自覚するためのテキスト代とでも考えればよろし。
前からしっかりプレスをかけて、ボールを奪われてもフォローに走り、バックラインで回す時は回し、仕掛ける時には縦に早く、ピッチを横に広く使い、全員で走って攻守ともに人数をかける。意思統一もビジョンの共有もできてきた。
正直、水戸の戦いぶりが拍子抜けな感は否めない(数試合前までウチの対戦相手はこんな感じだったろうか(^_^;))ので、この調子でどんどん勝てるなどとは思わないが、チームとして戦い方の「形」が見えたことは、この先もし煮詰まった時に立ち戻るベースが出来たという意味では大きい。
今後の懸念は、これから高温多湿の時期にこの運動量の多いサッカーが続けられるかどうかと、メンバーが変わった場合にどう戦うか。
警告累積や負傷で主力が抜ける試合は必ず出てくる。特にシルビーニョと直樹、洋介、DF陣は結果を出したこの連戦同じポジションで出ずっぱり。システム変更も含めバックアップをどう組むか、選手がしっかり対応できるかは、長丁場を勝ち抜いて行くためには避けて通れない課題だ。
そういう意味では、最終盤とはいえ西谷と梁を出してきたのはズデンコの意図を感じるような気のせいのような。選手のよさを生かす配置に時間かかりすぎが問題な指揮官だから、いまのうちにどんどん試してくれとは思うのだが。

それにしてもガス×2、村上、大柴とは……。まさかほんとに指令が出たわけでもあるまいが(苦笑)
特に村上はすばらしくよかった。シュートが枠に行き、クロスもしっかり飛び、フィールド半分ドリブル独走はもうできすぎ(笑)だが、中に切れ込んでいく動きが効いていた。右の洋介がスピードとテクで縦に突破していくタイプだから、守るほうはさぞやりにくかろう。

その洋介、背番号は14だが思い出すのはテルというよりあの選手。賢そうで気が利いてて骨惜しみなく走るプレーぶりといい、背格好といい、連勝街道驀進中に右にいた彼を彷彿とさせる。
まぁ、だからどうだというわけではない。単に中盤好きの私のシュミ(笑)だというだけだ。このまま怪我なくすんなり伸びていってほしいと思う。

とりあえずこれでようやく1週間のインターバルが取れる。
一息ついて、万端の状態で第2クールのリベンジシリーズに臨んでもらいたいものだ。

|

« バレーボール、いよいよ正念場 | Main | 神降臨! »

Comments

 >アナグマどの
これで打ち止めってのだけは避けてほしいもんですが(笑)>枠内
特訓は継続的に!(それじゃ特訓とは言わないか…)
そういえば、キレで勝負するタイプってウチにはあんましいないねぇ。
しかも運動量豊富なわけで…貴重だわ。

 >せぴどの
私はドリブルぶっちぎりが涙もんでした(笑)
だっていままで攻めさせてもらえてなかったし。

14番は「しあわせのプ○ー○ーちゃん」ちっくなところも同じ。
実際、しあわせ運んできてくれたし~っ!

Posted by: showko | 2004.05.12 23:55

まったく,枠に行くまで何度本番で練習したことか・・。
ちょっと感極まったりもしましたわ(笑)<ショージ

ところで14番,足の具合も心配ですが
なんとチョコ好きとは・・かわいいですねぇ。
後輩の面倒見もいいところも・・同じだよねぇ。

Posted by: せぴっち | 2004.05.12 16:29

しょーじのミドルが枠内に・・・
showkoどの、特訓の成果が出たものと思われます。(笑)

確かに14のプレースタイルは旧20を彷彿させます。
献身的な守備と、攻撃時のキレ。
こういう選手は、特にベガには貴重なんだよね!

Posted by: アナグマ | 2004.05.11 14:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【第11節 vs水戸】1巡終了、反撃開始:

« バレーボール、いよいよ正念場 | Main | 神降臨! »