« 【第18節 vs横浜FC】総力戦でドロー沼を這い出す | Main | 萬代U-19選出、その一方… »

2004.06.24

【第19節 vs山形】ゲームマネジメント力

第19節 仙台1-1山形(仙スタ)

これで東北ダービーは2戦連続でドロー。しかも2戦連続ウチは10人(-_-;)
でも後味は正反対。
前回は怒涛のごとき山形の攻撃を残り20分以上守りに守ってスコアレスドロー。
でも今日は直樹が退場(させられた)時点でリードしていた。審判どうこう以前に(いや、言いたいことはたんまりあるんだが)、やり方次第では少なくとも1-0で終われたはずの試合。

前半はうまくボールをカットして攻撃できていたし、右サイドに入った財前がキレまくっていてゴール前まではかなりいい出来、という展開だったが、後半は逆にボールの取られ方が悪すぎ。パスミスから相手に早い攻撃をくらってゴール前でなんとか掻き出すの繰り返し。
結果として、前半に追加点が取れなかったことが響く、といういままでどおりの試合になった。

1-0で10人になった段階で、試合をどう進めようと考えていたか、それがまったく見えなかったのが不満というか解せない。ズデンコ然り、ピッチ上の選手たち然り。
失点後には特にそれが顕著で、攻撃陣は逆転を狙って前に急ぎ、守備陣は引分を狙っていてチグハグな感じだった。
財前は警告をもらっていたし、あの時間までの運動量を考えれば交代も致し方なしと言えなくもない(もう1人減っちゃったらどうにもゲームにならん)。
ではそれをどう乗り切るか、というのはもっと意思統一されてしかるべきでは?
ボールをしっかりキープしつつ、繋いでチャンスがあれば相手ゴールまでしっかりボールを運びきって攻撃を終える、その繰り返しができればあれほど攻めまくられることもなかったはず。
極端な話、コーナーフラッグまで持って行ってそこでひたすら時間をかけたっていい。
はっきり言って好きなやり方じゃないし、後味はよくないだろうと思う。でもリアリスティックに勝ち点3を狙うなら(つまり昇格を狙うなら)、そこまでやるのも私は否定しない。その執念と状況判断を逆に称えるね。勝ち点1で世界が逆転するのはもうたくさんだし。
そういう、ゲームをコントロールする、マネジメントするという部分は、いまのベガルタに一番欠けている点だと思う。ベテランが1人でもいれば、と言いたくもなるが、いないものはいないんだから、チーム全体の意識として持たなくては。

ついでにもうひとつ。
最近のベガルタの特徴として、DFラインからパスを数多く繋ぎながら前線まで、というシーンが数多く見られるが、試合の経過や相手の状況に関わらずスタンドからは相当ブーイングが飛ぶ。
今季序盤は確かに、そのパスはなんのためだ!?と言いたくなったが、いまは違う。ちゃんと意図が見えるし、横パス・バックパスを多用してもそれを布石として確実に結果に繋げている。
早くゴール前に行かなきゃいけない、とでもいうような、横パス・バックパスはなんでもかんでも悪、みたいなブーイングはチームにとっていいとは思えない。キープできている間は相手に攻められることはない、という点をちゃんと頭に入れておかなくては。
今日だって、1-0でリードしていてなおかつ1人少ない状況で、ハーフウェイライン付近で繋いでいたら不満の声が噴出したが、あの状況では時間を使うのも立派な戦略だったはず。
心底チームの勝利を願うのであれば、サポにもそういう意識は必要だろう。

先日のV-PRESSに、いい記事があったので引用させていただく。
<V-PRESS vol.5 2004.5.9 vs水戸戦「番記者の眼:サッカーマガジン井上記者」>

仙台が前にボールを運ばずに、ディフェンス・ラインでボールを回しているときのブーイング、気持ちはめちゃめちゃわかりますが、ほんのちょっと我慢してはどうでしょう? 後ろで回すだけで縦パスを入れないとき、というのは相手の守備陣形が整っている場合が多い。つまり、守備にとって有利な場面がほとんど。選手が敢えて縦に仕掛けずに、横で回しながらマークのズレを伺っている状態で、決して焦ってはいけない状況だと思うんです。ブーイングに焦った選手が、不用意な縦パスを入れてカットされては、一気にピンチを招きます。
「サポーターは12番目の選手」という言葉があります。これ、選手も言ってますけど、本当なんです。
選手を盛り上げるのも、焦らせるのも、サポーターのさじ加減一つ。
(中略)
人数が多ければ多いほど、熱ければ熱いほど、影響力は大きくなります。ある意味、試合を統率する「指令塔」の役を担っていることに、もっと誇りを持っていい。「12番目の選手」という言葉は、本当なんだと思います。

イケイケサッカーに慣れきってしまっているベガサポにとっては、いまのチームのサッカーはじれったい部分も多いかもしれないが、こうしたゲームを読み取る目は意識しないと持てないもの。
もっとじっくり、ポイントを外さずに見極める力をサポだって必要とされているのではないだろうか。

|

« 【第18節 vs横浜FC】総力戦でドロー沼を這い出す | Main | 萬代U-19選出、その一方… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【第19節 vs山形】ゲームマネジメント力:

« 【第18節 vs横浜FC】総力戦でドロー沼を這い出す | Main | 萬代U-19選出、その一方… »