« 【第24節 vs甲府】breakthroughの勇気 | Main | 【AsianCup2004 日本vsバーレーン】ま、トーナメントだし。 »

2004.08.01

【第25節 vs鳥栖】とりあえず勝ちは勝ち

第25節 鳥栖1-2仙台(鳥栖)

今日の収穫。
アウェイでの勝ち点3。

以上!


……って、これじゃあんまりか(^_^;)
でも内容は低調だった。暑さもあるんだろうけど(鳥栖の選手がユニの袖たくし上げてたくらいだし)、どうもアウェイで中身のある試合がないなぁ。
ズデンコがまず70分とか言うからほんとにそのタイミングで失点しちゃうし(-_-;)

両サイドの高い位置で起点ができないと、やはり攻撃の形をがなかなか作れないし危うい場面も増える。特に鳥栖はボールを奪ってから縦に早く、中盤でボールを失うことが多かったせいもあって守備は終始不安定なまま。
失点が1で済んだのは鳥栖の精度に助けられたせいだし、守備の集中が欠けてるようなプレーもあったり、今日はあまり誉められたもんじゃなかった。失点シーンもボールサイドに寄ってしまってゴール前がら空きだったし。
ただ、攻撃のブラッシュアップよりは守備の修正のほうが成果を出しやすいはずだから、1週間でなんとかできると思いたい。

攻撃に関しては、時間と手数をかけない形もほしかった。
FWがまたしても組み慣れない3人の時間が長かった(18節といい、大柴が抜けるとこうなるよなぁ)せいもあって、なんだかしっくりこない感じで、仕方ない面もあるにはあったけど。
1点目はDFラインで奪ったボールをしっかりつないだところから、ファビオがキープ力を発揮して二人をPA手前で振り切りシュート、これをGKが弾いたところに大柴が詰めた(この時、大柴は左足でスライディングに行こうとして、軸足が芝に引っかったようなヘンな形で自分の体重がかかってしまって足を痛め、結局萬代に交代)。ここではファビオのプレーをいい方に作用させられた。
2点目は村上のミドルシュートで取ったCKを素早くショートコーナーで出し、梁のピンポイントクロスを萬代がヘディングでゴール。鳥栖がマークに付ききれていないタイミングで出したことで勝負あったという感じ。
シュート数の割には決定的なチャンスはなかった印象だけど、それはミドルシュートが多かったせいかな。でも今日は(威力はそれほどではないまでも)効果的にミドルを使ってたと思う。相手GKのプレーを見越してかもしれないが、抑えめにコースを狙って打ってた。やっとそうきたか、とも言いたいけど(^_^;)

とりあえず、これでやっと順位表上半分に戻って来られた。しかも2位に勝ち点3差。一時は9チームだった団子もそろそろ7位までに絞られてきた。
他が食い合ってくれてるし、ウチとしては微妙にだけど得失点差も埋めつつあるし、第3クールはとにかくしぶとく結果を残していきたいところ。
次は一人勝ち中の川崎。でもホームだし、ここで勝てれば更に2位集団の上の方に迫れる。なんとか踏ん張って勝ち点を上乗せしていきたい。
今日はカードもなかったから、メンバー的な心配は大柴の怪我の具合だけだし。

ところで、ズデンコのコメントで「西谷がシルビーニョに渡していれば」ってのがあるが(萬代→寿人は仰るとおり)。
これって86分のプレーだと思うんだけど(左サイドのセンターサークル付近で西谷がインターセプトして、そのままドリブルでPAまで持ち込みDFをかわしてシュートするもGKに弾かれる。味方はPA手前中央のシルビしかいなかった上にDFもいた)、見てる側から言わせればあそこでパスなんか出されたら脱力しちゃうよ。
以前の寿人の時といい、ズデンコはまず確実性なのかなぁ。必ずしもシルビのシュートの方が入る確率が高いとは言いきれないと思うんだけど。
ま、詰まるところどれも結果論にすぎないけどね。


《蛇足》
野々村-上野コンビってどうもまったり中継で緊張感に欠けるんだよなぁ。
ま、今日は内容もまったりではあったんだけどさ(-_-)
あの穴沢主審がカード出さなかったくらいだし。…って、もしや控え室に忘れてきてたんだったりして(爆)

|

« 【第24節 vs甲府】breakthroughの勇気 | Main | 【AsianCup2004 日本vsバーレーン】ま、トーナメントだし。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【第25節 vs鳥栖】とりあえず勝ちは勝ち:

« 【第24節 vs甲府】breakthroughの勇気 | Main | 【AsianCup2004 日本vsバーレーン】ま、トーナメントだし。 »