« 【第36節 vs大宮】試されるとき | Main | 【天皇杯3回戦 vs佐川印刷SC】とりあえず初戦突破 »

2004.10.03

【第37節 vs福岡】いまだからこそ原点回帰

第37節 仙台1-2福岡(利府スタ)

暑かった…。バックスタンドは陽射し直撃。
でも試合内容的にはちょっとお寒いものだったような気がする。少なくとも、両者ともに「ここが昇格争いの正念場」というにはお粗末。
まぁ、ピッチ状態が悪過ぎたのも影響したんだろうだけど。
ゴリ押しで利府まで行かせておいて、これはないんじゃないのって状態。プロがやる場所じゃないでしょあれは。怪我人出なかったのが奇跡的なくらい。

それにしても、さすがにこの直接対決3連戦すべて負けはイタい…。
おまけに場外ネタがうるさすぎ。
今季に臨むに当たっての目標設定の曖昧さを懸念していたけど、目標の擦り合わせどころか現場(監督)とフロントが倦怠期の夫婦より救いようがない状態では話にならない。前任者の時の話を引き合いに出すなと社長は言うけど、着任してから監督と話してないわけ?そこからして問題じゃないのよ…(-_-;)
大体にして、瀬戸際で踏ん張ってる時期に来期の話をする社長も社長だし(そんなことは黙ってやれ!)、現場とフロントを繋ぐはずのGMは仕事してんだかどうだかわけわからんようだし、監督は気の抜けるようなコメントしまくりだし(順位云々いうなよあんな時期に)。
あんたら何の為にいるの?チーム強くしたくているんじゃないの?と問い質したいくらいよホントに。そうじゃないヤツはただの給料泥棒だから消えてくれさっさと…。
今回の記者会見でズデンコはいろいろと愚痴をたれた(保身に走った?)ようで、オフィシャルにも一度掲載されたものの、1時間ちょっとの間にごっそり削られた(とりあえず総評見るならJ'sGOAL
あれを公開したのは担当者が狙ったのか、それともなんも考えてなかったのか…。まぁ、見ることができたのはある意味ラッキーだったかなとは思うけど(苦笑)
個人的には、監督のすげ替えよりも仕事するGM探すのが先じゃないの、と思うんだけどね。

試合内容については、指揮官の問題認識は的外れなとこもあると思うし、なんかもう同じこと繰り返し書くのも疲れた。
ここまでくると、あとはもう「いいプレーをひとつでも多く見せてくれ」ということしか言えないわ。
なので、「プロフェッショナルって?」な話をひとつ。

メジャーリーグの年間最多安打記録を更新したイチローが記者会見で記録達成への原動力を問われ、「野球が好きだということ」と答えたそうで。
別のコラム(スポーツナビ)では、チームが勝てずモチベーション維持が難しいなかでここまでやってこられたことについてこう言ったそうだ。
「プロとして勝つだけが目的ではないということ。(中略)勝つことだけが目的の選手だったら不可能だったと思うんですよね。プロとして何を見せなくてはいけないか、自分自身が何をしたいか、ということを忘れずにやらなくてはいけないということを、自分自身が自分自身に教えてくれたような、そんな気がしています」

ここのところ、選手コメント見てもなんだか悲壮感漂ってそうで…。
いまサッカーしてて楽しい?と思わず聞いてしまいたくなる。
それぞれの武器を生かしにくい指揮官のやり方や考え方、チームの状況とか確かにいろいろあるけども、そういう時こそ根っこのところの気持ちを大事にしてほしいなぁ、としみじみ思う。
苦しそうな顔見るのももうイヤだしね。

|

« 【第36節 vs大宮】試されるとき | Main | 【天皇杯3回戦 vs佐川印刷SC】とりあえず初戦突破 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【第37節 vs福岡】いまだからこそ原点回帰:

« 【第36節 vs大宮】試されるとき | Main | 【天皇杯3回戦 vs佐川印刷SC】とりあえず初戦突破 »