« July 2006 | Main | November 2006 »

2006.09.21

【ナ杯準決勝第2戦 千葉vs川崎】泣くな勇介!リーグ戦はすぐだ!

…と言いつつ、試合後の姿に思わずもらい泣きしそうになったり(爆)

ちょっと家のことでばたばたしてて、生で観られたのは延長から。
リピート放送で追ってじっくり観るつもりですが、やはりというか、緊迫感があるいいゲームだったようで。
先日の第1戦といいリーグ2順目といい、このカードはすさまじいっすね。双方、走る攻める点入るの繰り返し(^_^;)

正直なところを言えば、川崎に勝ち上がってほしかった。
勇介の存在を差っ引いてもどうも肩入れしたくなるのは、J2での付き合いが長いせいでしょうか(^_^;)
あとは、第1戦でちょっとジャッジが疑問で…。佐原の退場はともかく、立石がお咎めナシはおかしかろうといまでも思うので。ま、これは千葉の選手がどうこうというよりジャッジの問題ですが。

それが…最後の最後にああなるかぁ、と。はぁ……(/_;)
あれってどうなんだろう、意図的に手で落としたと取られちゃったってことですよね。肘から先を意識して動かしたように見えないこともない、けど。う~ん。

まぁでも、あの場面できっちりPK決められる阿部はすごいですね。ものすごい重圧だったと思いますし。あの喜びようを見ればね。
一方、川崎は(わずかとはいえ時間が残っていたはずなのに)反撃の気力が削がれてしまったような雰囲気でした。VTR再生されちゃったので画面からあんまりわかりませんでしたが。

終了後、立ち上がれず顔も上げられずにいた勇介に対するチームメートの様子やサポのコールに、いい居場所なんだなとちょっとほっとしたりして。
なんかやんちゃ坊主の行く末を案ずる母みたいな視点になっちゃうんだよね、勇介に関しては(^_^;)
リーグ戦もいい位置につけているし、反撃に期待。
がんがんいっちゃえ勇介!

ちなみに決勝は千葉寄りで応援させていただきます、はい(^_^;)

| | Comments (21) | TrackBack (0)

2006.09.19

U-16日本代表、胸がすくようなサッカーでアジア制覇!

AFC U-17選手権、決勝をBSで観ました。
結果がわかっていたのでハラハラ感はさすがになかったのですが(^_^;)

準々決勝がすごい試合だったようだし、それを勝って来年のU-17ワールドカップ(どうも慣れないな、この名称…)の出場も決めたし、かなりいいチームだとはなんとなく思っていたのですが。
いやはや、ほんとにすごいチームですね。きわどいゲームをことごとくモノにして決勝まで上がってきたというのが、つくづく納得できる試合でした。

2失点といくつかのピンチの場面を見るに、守備面での課題はあるように思いますが、それはまぁ来年までなんとかできること。
それよりも、短期間ではおそらくどうにもならないであろう日本にありがちな課題が、感じられなかったことがすばらしい。
先日、仙台カップでU-18の戦いぶりを見ていただけに、そのあまりの違いにびっくりです。

それは、120分間見てて、
「そこでシュート打てよ!」
と一度も思わなかったこと。

ボールを持ったら、彼らはまずゴールマウスを見てるんでしょう。どこにパスしようか、とは最初には考えない。彼らのプレーからは、「ゴールする=シュート打つ」、つまり自分が決める、という覚悟みたいなものすら感じます。
だから見てるほうに「なんでそこでぐだぐだやってんの?」というストレスを感じさせない。
フリーの選手がいたのに、と思う場面も確かにあったけど、それも、「どこからなにをやってくるかわからない」というある種の畏怖を、相手に与えることにもなっていたのではと思います。見ているこちらが、「うわーそこでそういくか」と何度も新鮮な驚きがありましたし。
そういうのは、教えてすぐに身につくものでもなく、でもサッカーではものすごく根本的なところで必要とされるもの。
それをこの末っ子たちが持っているというのが、なんだかすごく嬉しくなりましたよ。
本大会出場を決めた段階で緩んでしまってもおかしくはないのに、キツい準決勝・決勝を勝てたというのも、それとは無関係ではないでしょう。

それにしても、技術の高さには驚かされました。
ボールを持ち直すということがほんとに少ない。
柿谷の1点目のトラップからゴールといい、2点目の落ち着いたスルーパスと走り込んで打った端戸といい、3点目の水沼のヒールと河野のゴールといい。
極めつけに4点目の河野のあのシュートといったら!
GKを抜き切るかと思ってたら、その二呼吸くらい早いタイミングで左足アウトで入れちゃいましたからね。

いやぁ、こんなに爽快な試合観たのは(特にあの青のユニでは…)ほんとに久しぶり。来年が楽しみです。
力入りまくりのガッツポーズ連発な城福監督、惚れちゃいそうです(笑)

| | Comments (724) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | November 2006 »