2004.10.28

【today's recipe】子持ちカレイの煮つけ

昨日は優勝セールをやってた某SE○YUでお買い物。そういや、その前に買い物したのは、応援感謝セールのダ○エーだったっけ(^_^;)
今夜のおかずは遅い時間で安くなってたカレイ。となると普段はあまり作らないお味噌汁がほしくなる(スープはよく作るけどね…。味噌汁はだし取るのが面倒で(爆))
ということで、やはり昨日安かった南瓜。こう寒いと、汁物には根菜や実野菜の甘味がいいんですよねぇ。

【子持ちカレイの煮つけ(2切れ分)】
・子持ちカレイ    2切れ
・だし汁        1/2カップ
・醤油         大さじ3
・酒          大さじ2
・みりん        大さじ1
・砂糖         大さじ1/2
・生姜のせんぎり 薄切り2~3枚分

1.だし汁に調味料と生姜を入れて煮立て、カレイを入れる。
2.スプーンで汁をかけながら数分煮て、更に落し蓋をして15分くらい煮る。

カレイって好きなんですよねぇ。唐揚なんかもおいしいし。久々に食べられて満足(^_^)

ちなみに南瓜の味噌汁は、南瓜の甘味を味わうために味噌は少なめがオススメです。ちょっと煮崩れたくらいのほうが、ますます南瓜を味わえて私は好き。

ところで、生姜って煮魚なんかには欠かせないアイテムですが、意外にもちが悪くて無駄にしてたんですよねぇ。刺身や冷奴だったらチューブ入りでもいいけど、やっぱり料理の時は根生姜を使いたいもの。
そしたらイイコト聞きました。
瓶に酢1:水3の液を作ってそれに漬けておく。
1年くらいはもちます。もちろん香りも味も落ちません(実際、大量に買って漬けたのを使い切るのに1年かかったけど大丈夫でした(^_^;))
根生姜は冷凍できるらしいですが、私は扱いやすいこの酢漬のほうが便利かな。
漬けておくとだんだん漬け汁(?)も生姜そのものもガリ色(薄いピンク)になってくるのが新発見だったり。ガリって酢と生姜が反応してああいう色になるんですねぇ…。

| | Comments (52) | TrackBack (0)

2004.07.16

【today's recipe】バナナスコーン

3日前に買ってきたバナナがすっかり斑点だらけになっちゃった(暑いからなぁ)
この状態のほうが栄養価が高いらしいけど、固めのほうが好みだし、熟したバナナの触感と匂いがちょっと苦手なので、お菓子にしようと考えた。
そういえば、レーズンスコーンは「子供には反応があまりよくなかった」と友人が言ってたので(甘くないかららしい)、今日はバナナスコーンに挑戦。もちろん手抜きで(笑)

【バナナスコーン(7~8個分)】
・バナナ         2本
・薄力粉         200g
・ベーキングパウダー 小さじ2
・砂糖          大さじ4
・塩           少々
・バター         60g
・卵           1個
・牛乳          30~60ccくらい

(1)大きめのビニール袋に薄力粉・ベーキングパウダー・砂糖・塩を入れ、よく振る。
(2)1に1cm角くらいに刻んだバターを入れて、さらさらのそぼろ状になるまで袋の上からこすり合わせるようによく混ぜる。
(3)バナナは1本半をフォークで粗くつぶし、とき卵を混ぜたら2と合わせる。生地の固さを確かめながら(耳たぶより少しやわらかめ)牛乳を加えて全体をよく混ぜる。
(4)オーブンペーパーを敷いた天板にスプーンで生地を落として丸く形を整える。残り半本のバナナを輪切りにして、上に飾る。
(5)200度のオーブンで20分くらい焼けばできあがり。

飾りバナナはなくてもいいかなぁ、と思って2本全部混ぜたら水分多すぎたようで(卵もLサイズだったし)、牛乳入れる余地がなくなったどころか、生地が柔らかくなりすぎて形が定まらなくなっちゃった…(^_^;)
バナナは思ったよりも水分を含んでいるということで。少なくするのはともかく(牛乳で調節できる)、増やすのはやめたほうがいいかと。
やわらかくなりすぎたら、冷蔵庫で少し冷やせばちょっとは扱いやすくなる。でもオーブンに入れると一旦生地がダレて広がりくっつくので、天板に並べる時は間隔を空けて。

卵が入っているので、できあがりは普通のスコーンよりもちょっとしっとりめ。マフィンに近い感じ。
マフィンにするなら、卵2個、牛乳60ccにして、
(1)ボウルでバターをクリーム状になるまで練り、砂糖を加えざらつきがなくなるまで混ぜ、とき卵を2~3回に分けて加える。
(2)つぶしたバナナを加え、ふるった薄力粉・ベーキングパウダーを入れる。ゴムべらでざっと混ぜたら、牛乳を少しずつ加えながら切るよう混ぜ合わせる。
(3)マフィンカップに生地を7分目くらい流し入れ、180度のオーブンで20分くらい焼く。
で、できあがり。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2004.07.06

【today's recipe】生野菜の甘酢漬サラダ風

あ~づ~い~~~(@_@;)
こんな日はレンジの前に立つのもイヤ。
油っこいものもイヤ。
野菜をしっかり食べないと、とは思ってもドレッシングの油すら口にしたくない。
……つーことで、甘酢漬をサラダ風に(CMでも「酢ラダ」とかやってるね(^_^;))

【生野菜の甘酢漬サラダ風(2人分くらい)】
・酢         1カップ
・砂糖        1/3カップ
・塩         小さじ1~2
・キャベツ      3~4枚くらい
・きゅうり      1~2本
・人参        1/2本くらい
・セロリ(葉も)   1本くらい

(1)酢、砂糖、塩をよく混ぜる(瓶に入れて振ると簡単)
(2)食べやすい大きさに切ったキャベツ、薄切りのきゅうり、人参、セロリを塩もみし、甘酢をかけてよく混ぜる。味がしみたら食べ頃(2~3時間くらい)

とにかく台所に立ってるだけでも暑くてしんどい。できるだけ手軽に、っつーことで、人参はピーラーでぺらぺらに(味もしみやすくなるし、一石二鳥(笑))
他にも、サラダになる材料だったら割となんでも合うんじゃないかと。
どんなお酢を使うかによって全然味が変わるので、塩加減はお好みで。
生姜の薄切りを合わせてもすっきり味に。

今回は多めに甘酢を作ったしセロリときゅうりも残っちゃったので、セロリ漬ときゅうり漬もそれぞれ作ってみた。
セロリは薄切りして漬けるだけ(もちろん葉も刻んで食べる!)。
きゅうりは叩いて(包丁の腹で押してもいい)潰し、食べやすい大きさに手でちぎる(包丁で切るよりも表面積が多くなるので味がしっかりついて旨い)。好みで唐辛子2~3本を種を取って漬け込んでも。
お茶のお供にもおつまみにもどうぞ。

漬けるのは瓶でもいいし、ビニール袋でも。
私の場合、がさばる野菜は塩で一夜漬(切った野菜に塩を振って軽く揉み、空気を抜いて冷蔵庫へ)をする時も袋を使う時が多いかな。
お試しあれ。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2004.06.09

【today's recipe】全粒粉のレーズンスコーン

パンがなくなっちゃったのでスコーンを焼いてみた。
実はスコーンにはこだわりがあって、なかなか「これ!」っていうのに出会えない。以前お気に入りだったパン屋さんがレシピを変えてしまって、仕方がないので(^_^;)自分で作るようになった。

お菓子はおやつ堂さんをよく参考にさせてもらっている。そちらで見つけた簡単レシピを更に手抜きアレンジしてご紹介。

【全粒粉のレーズンスコーン(5~6個分)】
・薄力粉          50g
・全粒粉          50g
・ベーキングパウダー  大さじ1/2
・砂糖           大さじ1/2
・塩            ちょっと
・バター          50g
・牛乳           30~40cc
・レーズン         大さじ5くらい

(1)大きめのビニール袋に薄力粉・全粒粉・ベーキングパウダー・砂糖・塩を入れ、よく振る。
(2)1に1cm角くらいに刻んだバターを入れて、さらさらのそぼろ状になるまで袋の上からこすり合わせるようによく混ぜる。
(3)レーズンを入れて混ぜ、生地の固さを確かめながら(耳たぶより少し固め)牛乳を加えて全体をよく混ぜる。適度にまとめて冷蔵庫に30分くらい入れてひと休み。
(4)まな板や台の上に3をのせ、袋の上から伸ばして厚さ1.5cmくらいにする。袋を切って開いたら全体に打ち粉をして5cmくらいの丸型で抜き、オーブンペーパーを敷いた天板に並べる。
(5)180度のオーブンで15分くらい焼けばできあがり。

料理にしろお菓子にしろ、作るのも食べるのも好きだけど、手がベタベタするのと後片付けが苦手な私にはうってつけな手抜き法(笑)。スコーンは牛乳を混ぜるところで手がすごいことになるけど、これなら大丈夫。打ち粉も少なくてすむし。
更に私は、計量も直接袋に入れてやってるので究極の手抜き(^_^;)
伸ばすのも別にめん棒じゃなくたっていいし(まな板2枚ではさんで伸ばすとか、手で押すとか)、型抜きしないで丸めたり、角型に切ってもいい。でもレーズンスコーンは丸いほうがイメージかな。

有塩バターを使う時は塩を入れないほうがくどくない。
レーズンはものによってはそのままだとちょっと固いかも。お湯にひたしたり、ラム酒を振ってちょっと置いてから使うと食べやすい(ラム酒を使うと大人向け)。私はラム酒漬けをストックしていつでも使えるようにしている。
全粒粉を使うと薄力粉よりもざっくりした食感。もちろん薄力粉だけで作ってもおいしい。

実は。今日はレーズンも分量より多めに入れた上、牛乳も入れすぎで生地がかなり柔らかくなった(^_^;)
仕方ないのでスプーンですくって適当に丸くまとめて焼いてみた。できあがりは↓であまりかっこよくない感じだけど、味はもちろん満足。

cake040609.jpg

| | Comments (94) | TrackBack (0)

2004.06.08

【today's recipe】グリーンアスパラと帆立の和風パスタ

最近ろくな料理をしていないので、動機付けのため(^_^;)に作ったものをアップしてみようかな、と。
今日はいただいた新鮮なグリーンアスパラ(硬めに茹でて冷凍ストック)を使ってみた。

【グリーンアスパラと帆立の和風パスタ(一人分)】
・グリーンアスパラ   2本(生ならパスタと一緒に茹でる)
・冷凍帆立       3~4個分
・しめじ         食べたいくらい(笑)
・玉ねぎ         1/4個
・バター         大さじ2くらい
・醤油、黒コショウ   味をみながら適当に(笑)
・パスタ         80g
・水            800cc
・塩            8g(大さじ1/2)

(1)パスタをゆでる(表示のゆで時間より短めに)
(2)フライパンにバターを溶かして玉ねぎを炒め、しんなりしてきたら帆立・しめじ・グリーンアスパラも炒め合わせる。
(3)2にパスタの茹で汁を少々加え(塩味を付けるため)、茹で上がったパスタを加えて醤油・コショウで味付する。余分な水分がなくなったらそこが食べ頃。

ポイントは2つ。
・パスタを加えたら水分を吸わせる&飛ばすために火加減をちょっと強めにする
・パスタは茹ですぎると具の旨味や調味料を吸う余地がなくなるので、ちょっと硬い?と思う程度のほうが美味しくなる(イタリアのマンマの味のコツ、と以前テレビで見た。ナルホド確かに)。柔らめになってしまったら、茹で汁じゃなく塩で味付けしちゃえばOK。

シーフードミックスも入れてみたけど、シンプルなほうがよかったな(^_^;)

| | Comments (13) | TrackBack (0)