2004.10.29

家にいながらできること

昨日、@niftyのチャリティについて書いてから新潟中越地震についてあれこれ巡ってみたら、ネット上の動きはものすごく早いのを実感しました(私が反応遅過ぎか…)

で、たくさんの情報の中から、自宅でできる支援を中心にまとめていらっしゃるのがこちら。
不条理み○きー:【新潟中越地震】 なかなか動けないあなたへ。

特に、募金パークの1日1クリックで1円募金は、ネット環境があれば誰でもできますね。どんな仕組みか、注意事項も合わせてしっかり読んで、ぜひクリックしてほしいです。

また、gooブログ・テーマサロンで情報整理がなされつつあるようですが、立ち上げはこちらのようです。
BLOG STATION:【新潟中越地震】出来ることから始めよう。  
別記事に、郵便局で送金した際の様子も書いていらっしゃいます。

ネット上で貯めたポイントを義捐金として送金する取り組みもいくつかあるようです。
自分が「そういえばここのポイント持ってるなぁ」というところに同様のことができないか提案してみる、というのも「できること」のひとつかもしれません。
各社それぞれ事情はあるでしょうが、どこかは腰を上げてくれるかも…。

【追記】
おかしい、タグも入れてないのにリンク先以外にも下線が入る…(-_-;)
見苦しくてすみませんが、しばらくこのままで。後程調べて修正します。m(__)m

| | Comments (68) | TrackBack (1)

2004.10.28

@nifty「新潟県中越地震」被災者支援チャリティーコンテンツ

新潟県中越地震の影響で、次節のアルビvsレイソルの試合は延期天皇杯4回戦も会場変更になるようです。
テレビを見てたら避難所でもアルビのタオルマフラーをしている方もいたりして、ほんとに広く新潟の人たちが応援しているんだな、というのがわかるので(震源付近と新潟市は距離あるのに…)、1日も早くビッグスワンで試合ができるといいなと思います。
こんな時にサッカーなんて、と否定するよりも、たとえ90分でも現実から離れてパワーを蓄えることができる、それをを大切にしてもらえたら…。実際、どんな憂鬱な状態で行っても、スタジアム帰りって気分が変わっていたりするものですし。
選手はきっと、そういう気持ちに応えるプレーをしてくれるでしょうしね。

で、ただつらつらとこんなこと書くだけでなく、なにか出来ることってないのかなぁ、物資は個人から送ったら先方で手間だろうし、必要な物は日々刻々と変わるだろうし、やっぱり送金だろうか。新潟県や日本赤十字に直接かなぁ、と考えていたらこんなの発見。

@nifty「新潟県中越地震」被災者支援チャリティーコンテンツ

壁紙やスクリーンセイバーをダウンロードして、任意の金額(300円から)を寄付できる形になっています。支払いには@niftyIDが必要ですが、ID取得自体は無料でできます。
ちなみに写真は新潟在住の方が提供したもの。私はそこに惹かれて(写真もよかったし)こちらを利用しました。

他に手軽なのはやはりこれかしら。一般回線から1回電話すれば100円の募金できます。
テレビ朝日ドラえもん募金

仙台もかなり冷え込んでる今日この頃。
新潟の気候が容易に想像できるだけに、現地で支援にあたる方々も含め、体調を崩されることのないようにと祈るばかりです。

| | Comments (14) | TrackBack (1)

2004.10.24

新潟の連続地震

新潟を震源とする大きな地震が続いていますね。
鹿島-浦和戦をテレビで見ていて、そろそろ中継も終わりか、という頃に揺れ始めましたが、地上12階にいてかなり長く大きく揺れを感じたため、実際どのくらいの震度なのかまったく予想もつかず…。その後はニュースにくぎづけ。
この寒い時期に、震源地に近いところでは停電状態のうえ、建物内は危険ということで外で夜を過ごしておられる方も多いのだとか。体調を崩したりする方がいらっしゃらないよう、一日も早い復旧がなされるよう心から願っています。

宮城県あたりでは去年、5月26日7月26日9月26日と大きな地震が頻発したし、私自身は宮城県沖地震も経験しているので、割と地震には免疫があるほうだとは思うのですが(だからといって慣れるものでもないけど…)、今回の新潟と比較すると、まだ季節的にも時間帯的にも(宮城県沖地震は9月で夕方4時頃だったと記憶しています)ラッキーだったのだなと痛感します。今回の地震も、もしもっと早い時間だったら停電のなかでも迅速に被害状況の確認が取れ、対応策も取れたかもしれないし。
一般人としても、明るいというだけで気持ちにいくらかの落ち着きが生まれるものだけど、逆に暗い時間帯はちょっとでも揺れるとものすごい恐怖感あるし、寝ていてもすぐに目が覚めたりしてしまうもの。
災害時の心構えや備えというものも、改めて考えてしまいました。

ところで、アルビレックス新潟は24日、ヤマハスタジアムで磐田戦。
時間的にチームはもう移動が済んでたはずで、試合開催に支障はなしと判断するのだろうけど、選手も家族や友人の安否が気になるはずだし、なによりサポの方々はどうなんだろう…。バスツアーにしろ公共交通機関にしろ、当初の予定どおりには移動できないんじゃないだろうか。それ以前に「復旧作業しないと」って人もいるだろうし。
こちらでも去年、7月26日は埼スタで浦和戦があったし、サポの気持ちは想像に難くない(あの時は東北新幹線も動いていて、状況的に比較にならないかもしれないけど…)。ローカルニュースで「子供が余震を怖がるから、ちょっとでも忘れようと応援しに来ました」という親子連れが映っていたりもしたので、なんとかして行こう、という方もいるのかも。
がんばって行った人にも、行きたくても行けなかった人にも、普段はサッカーなんか興味ない人にも、パワーになるような試合をしてくれるといいのですが。

…なんて書いていたら、明日の新潟でのJユースカップが延期になったらしい。
 →公式リリース毎日新聞
移動中だった選手には、何事もなかったのかな? ちょっと心配。

今年はいろいろ災害が多くて、あちこち影響が残るままに年末に突入してしまうのかしら。せめて楽しい話題がもうちょっとあってほしいところなんだけど…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)