2005.06.28

大騒ぎの週末

土曜のみちのくダービー、天童行きは断念しまして、自宅でスカパー観戦。
なんというか、どうしてこうシーズン前半の山形戦ってのは渋い展開になるんですかねぇ。去年は3戦連続ドローだったし、2001年も初戦は分けたし。
まぁ、今回はちょっとメンバーいじりすぎかなって気もしますが。
水曜に練習見に行って驚いたもの(いや、試合当日の驚愕のほうが大きかったかもですけど…)

で、その時点では日曜のサテライトを見に行くつもりでいたんですが。
当日にはすっかり忘れてましたよ、えぇ(-_-;)

土曜の夜に、いきなり「冷蔵庫がオシャカった!」と大騒ぎになり(冷凍室の中身がべろべろなんだもの…)、深夜までかかってとりあえず中身を引越後リビングの隅に置きっぱなしで使っていなかった冷蔵庫へ。
週明けに業者に引き取ってもらって、新しいのはそれから台所へ移そうねと言っていたはずなのに、一晩寝たら両親は待っていられなかったらしく、さっそく大移動することに…。
当然、力仕事になれば私は駆り出される訳で……。
おかげさまで(?)、試合時間頃にはぐったり。サテのことなんてもうぶっとんでましたよ。
せっかく見に行きやすい利府だったのになぁ。
萬代と剛志のゴールも見たかった(T_T)

次のホームサテ戦は9月か。長いなぁ…。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

2005.06.14

北海道へ行ってきます

すっかり、時々書いては放置の繰り返しになってますが…(汗)

ここ数日は、引越後に半年近くも積み上げっぱなしだった荷物の片付けを延々とやってました。
生活スペースが半分になったのに、荷物は倍近くある状態をなんとかする為、100円ショップで数十個の収納用品を買い、CDと本の山を効率的に仕舞うことに成功。
ま、古本屋にもかなり引き取ってもらったりもしましたが(^_^;)
ようやく「寝るスペースしかない!」状態を脱して、部屋でPCに向かえる環境になりました。

ということで(どういうことだ!?)、これで気持ちよく旅行に出られるわ。
14日から北海道へ行ってきます。
姉に突然平日に3連休が取れたから、と誘われ、豪華に5泊6日。
とはいえ、最終便で行って19日の午後には戻るので、実質は3泊4日ってところでしょうか。
今回は「島巡りをしたい」という姉の希望に沿って、利尻島礼文島がメイン。ちょうどいま、礼文島の花が見頃ではないかと。
ついでに、かの有名な旭山動物園にも行ってきます。動物の生態に合わせた見せ方で他とは一味違うこの動物園は、以前からかなり気になってました。
今回はレンタカーを駆使する予定なので、せっかくだからと二人で意見が一致。場所的にちょっとズレてるけど、がんばって運転してきます(^_^;)

そういうわけなので、18日の水戸戦は欠席です。
札幌戦の久々ゴールラッシュ快勝&横浜戦の今季初逆転勝利で、期待が膨らむ一戦ではあるのですが…。
「やっぱ旅行じゃなくて仙スタ行っとけば…」と私を悔しがらせるような展開を期待しつつ(笑)、海の幸(特に海栗)と花を堪能してきまっす!

| | Comments (31) | TrackBack (0)

2004.12.05

佐藤竹善インストアライヴ in HMV仙台一番町

長らくほっぽりっぱなしでしたが、低迷状態からやや浮上してきましたんで、ぼちぼち更新していきます。
ベガルタの試合レビュー(らしきもの)は、試合開催日あたりの日付に遡っておいおい追加していくつもりなんで、読んでやるよという奇特な方(^_^;)は、カレンダーから辿るかカテゴリ一覧でご覧下さいませ。

今日は仙台でもものすごい強風。
ここのところすっかり出不精に拍車が掛かってるので、いつもだったらこんな天気じゃ外出しないんだけど、今日はがんばった(笑)
10月末にカバーアルバム『THE HITS~CORNERSTONES 3~』をリリースした佐藤竹善のインストアライヴがあるというので、強烈な向かい風もなんのその、自転車飛ばしてサンモールまで行ってきました。

14時から開始の予定が、首都圏も大荒れで予定の新幹線に乗れず到着が遅れたそうで、少々押し。
ユニバーサルの担当さんの話では、お客さんが入った状態でリハをやったらしい。更に竹善さん本人によれば、新幹線で爆睡したせいで声が出なくて大変だったらしい(^_^;)
惜しいもの見逃しちゃったかなぁ(笑)
今日歌ってくれたのは「インストアライヴではおそらく最高」(前出の担当氏)の6曲。

1.amanogawa
2.はじまりはいつも雨
3.トーキョー・シティ・セレナーデ
4.Through The Fire
5.木蘭の涙
6.Last Christmas

1曲目は前作『CORNERSTONES2』から。
4曲目は未収録ですが、先日BS1でオンエアされた弾き語りツアー “Welcome to my room”でもラストを飾っていた曲で、本人曰く次のアルバムあたりに入れたいとのこと。
それ以外の4曲は今作の収録曲。
締めがクリスマスソングなのは時節柄ですかね(そういやNHK『スタジオパーク』でもそうだったなぁ)。今年はドラマのおかげで10月から聴いてる曲ですが(^_^;)、オリジナルとも他のアーティストのカバーとも違って、竹善仕様はかなりカラリとしたテイストになる感じ。私としては結構好き(毎年聞いてるクリスマスセレクションの中身を差し替えようかしら(^_^;))
秋になると何故か聴きたくなる竹善さんの歌、それはやっぱり暖かみがありつつも湿度を感じない彼独特の声のせいかもしれません。だからどんな曲をどんなふうに歌っても重くなりすぎず、でもちゃんと響いてくるのかなぁと思ったり。もちろん上手さっていう要素もあるんだけど。

今日は、歌ってる途中で「あ、間違えた」と言いつつ続けたり、tokyoがNYになっちゃったり、歌い出しのキーが高過ぎてやりなおしたり(「要さんのキーだった」木蘭の涙)、ご愛嬌な場面もしばしば。しっかり聞かせつつもラフな感じはインストアライヴだからというよりも、これぞ竹善流ってところでしょうか。
相変わらずMCは楽しくて、高校時代の部活の話(軽音部と世界民族民謡クラブのW所属だった)とか、大学同窓の浜田省吾との初対面の時の話(ふたりとも卒業はしていないそうで…)とか、ぐずり出しちゃった小さい子供に話しかけちゃったりとか、縦横無尽ぶりはさすが(^_^;)
おかげですっかり時間が押せ押せで、結局1時間以上やってましたかねぇ。贅沢なイベントではありました。

今回のアルバムは選曲が賛否両論だった部分もあったようだけれど、「ジャンルを問わずいい歌はいい」というある意味で潔くすらある姿勢は、私は推しです。歌に貴賎はないし。
BGMにさらっと流すもよし、じっくり噛み締めて聴くもよし、という仕上がりじゃないでしょうか。私なら、寒いこの時期に暖かい部屋で美味しいお茶でも飲みつつ、がいいかな。
来年はオリジナルのソロアルバムを作りたい、と言っていたけど、次のツアーでは仙台も予定に入れてほしいなぁ、と思いつつ店を出ました。

『THE HITS~CORNERSTONES 3~』
cs3.jpg


で、帰りに一昨日オープンした「コーチ」のフラッグシップショップに寄って来ました。
さすがにかなり混雑してはいたものの、見て回るのに困るほどではなかったかな。入り口に警備員がひとり立ってたのにはちょっとびっくりだったけど。
なんかコーチの方向性も随分変わったんだなぁというのが正直な印象。
ここのショップにはほとんどのアイテムを置いているらしいですが、あんまり私はぴんとこなかった。モノグラムにはあまり食指が動かないし、革のものも以前とは素材がちょっと違う感じで好みとは言いがたいし、バッグの形にしても私としては使いやすそうな気はしないし…。スエードのショルダーだけはちょっと惹かれましたけど。
以前は定番だったはずの革のバッグ、かなり無理したけど買っておいて良かった…。
こういうブランドでも、定番商品を廃番にしたりするんだなぁ。結構意外かな。
とりあえず、もう当分足を運ぶことはなさそうです。

| | Comments (5939) | TrackBack (0)

2004.11.02

ダウン中…

土曜あたりからどうも調子悪いなぁと思ったら、風邪っぴきになりました(-_-)
週末、せっかく実家に帰ったのにほとんど食事もできず(そのために帰るようなもんなのに(^_^;))、ケーキもあったのに食べられず(涙)、出産したばかりの友人のところにお祝いにも行きたかったけど自粛…。へろへろ状態っす。

早く治らないと、大崎八幡宮の特別公開期間が終わってしまうし、コンタクトレンズの保証が切れて交換可能期限が来てしまう(度数交換したい…)。

ということで、常からそれほど更新してるわけではありませんが、またしばし潜りまする。

あ、やっと記者会見始まった。ふん、どうせ出来レースだもんね(-_-メ)
球団経営の赤字を想定して選択するってのもナンセンスだわ。
楽天じゃ、私は宮城球場に足を運ぶ機会はないな。

| | Comments (61) | TrackBack (0)

2004.09.13

街が歌う日~定禅寺ストリートジャズフェスティバル

定禅寺ストリートジャズフェスティバルの2日目に足を運んできた。
今年で14回目というが、実は初めてなんである。
ジャズフェスとは銘打つが、オールジャンル。音量的な問題もあって、エリアごとにおおまかにジャンル分けされ、駅前から県庁付近まで、45ステージ666バンドの参加だったとか。
どこを歩いても生演奏が聞こえてきて、街全体が歌っているような感じ。
匂当台公園あたりが一番賑やかで、出店はあるわ人出はすごいわで、ほんと「お祭り」。
もともと春のあおば祭り、夏の七夕、冬の光のページェントに並ぶ秋のお祭りを、ということだったようなので、なるほどな雰囲気。
定禅寺通は片側通行止めで欅並木の下をフリーに歩けたりして、気持ち良かった。
ただ、ちょっと人酔いしてフィナーレまではがんばれず、それが残念といえば残念(^_^;)

来年はもっとたくさんのステージが見たいと思いながら帰ってきた。

| | Comments (258) | TrackBack (0)

2004.07.13

ざっくりふたたび…

左親指がようやく見られる長さになったと思ったら。
今度は右の親指をざっくりやっちまいました(ToT)
包丁を洗ってて手が滑った…。
もうちょっと力入ってたら出来てたかも、親指のスライ(以下自粛)

前回よりも爪自体の見た目のダメージはましだけど、実際にはちと深い。3日経ってようやく痛みがなくなった。傷口がくっついてきたのかな?
これでキーボード打てる……。

そういや、ウチの母も昔からよく手を切るそそっかしい人で。
なんでこういうとこばっかり似るんだか(-_-;)

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2004.07.01

Yahoo!天気情報が大充実

Yahoo!天気情報がリニューアル。
情報充実で天気予報が不可欠な人間としてはありがたい。

特にいままでどこの無料予報サイトでも見られなかった湿度予想があるのは出色。
全国のサッカー場の予報を都道府県からスタジアム名で調べられるのも便利だ。
このサッカー場天気予報、データ的には所在地のピンポイント予報と同じのようだが(例えば仙スタなら仙台市泉区)、サッカー場予報のほうが視覚的で、気温・湿度がグラフになってて風向・風速も一目でわかる。
今後観戦の際にはかなりお世話になりそうだ。真剣に(?)totoをやる人にも便利かも。

ところで、サッカー場リストに利府スタがないのは、世間一般的にも非サッカー場認定ということか?

| | Comments (22) | TrackBack (1)

2004.06.29

台風8号接近?

梅雨明けもまだなのに、今年はなんでこんなに台風が来るんだか…(鬱)

台風8号が小笠原諸島付近にいるらしい(いるってのは表現が不適切?でも生き物くさいんだよね、台風って(^_^;))
夕方の仙台ローカルの天気予報によると、仙台への最接近は土曜日あたりの予想とか。いまのところ、かなり速度が遅いんだよねぇ。ま、先日の6号もあっというまに速度が上がって通り抜けていったけど。
4日の福岡戦の天気はどうなんだ?さっさと逸れてくれると助かるんだが(^_^;)

私の記憶によれば、もう十数年前、東京ドームでのプロ野球初の中止試合は台風により選手が移動できず(相手は広島かどっかだったような…。飛行機も新幹線もNGだったはず)、というものだった。
Jリーグはtotoの絡みもあって前日移動が基本だけど、万が一福岡から飛行機飛ばない場合、まさか陸路で来るんだろうか…。それとも特例で当日移動もあり?

あまりサッカーで中止ってのは聞かないものなので、こういう時にどういう扱いになるのかよくわからないもんだなぁ。落雷で中断とか、台風の状況により中止もあり得る(結局開催)、とかはあったけど…。
そういや数年前、水戸vs大宮で試合開始直前に「砂嵐(?)で中止」ってのがあったか。写真見たけど、とてもじゃないけど目も開けてられないような感じだった(^_^;)
ま、なにごとも起こらないのがベストなので、台風も来るなら来るでさっさとね(苦笑)

ちなみに、私は激烈雨女だが、不思議と傘持参で仙スタに行った記憶はほとんどない。
試合中や帰りに降り出してちょっと濡れた、というのはあったが、ホーム戦で試合前からずっと雨、ってここ何年もないような気がする。
今回もそうだといいんだけど。
とりあえず今週はこことかこことかここと首っぴきだな。

| | Comments (56) | TrackBack (0)

2004.06.07

たどりついたらいつも雨降り

東北地方も梅雨入りしたそうだ。
一年のうちで一番キライな季節に突入してしまった。
雨も嫌なら傘を持ち歩くのもさすのも面倒、そしてなによりジトジトベタベタなあの湿気、もうサイアク。
美味しいお米が食べたいから、雨なぞ降るななんて無理は言わない。がーっと降ってぱっと晴れる、そういう雨の繰り返しならまだ辛抱できるが、無意味にジメジメされるのは我慢ならない。降るなら降る、晴れるなら晴れるではっきりしろー!と空に向かって叫びたくなる時期がしばらく続くかと思うと気が重い。

自慢にもなんにもならないが、私は猛烈な雨女である。
「嵐を呼ぶ女」だの「砂漠に行ったら生き神さま」だの散々好き放題言われてきた。本人にとったら有難くも何ともない話だ。
どうやら自分が雨女らしいと判明したのは高校1年の時だった。
学年をいくつかに分けて行われた合宿オリエンテーションやら夏登山やらのイベントが、私のクラスが入ったグループだけがいつも雨に祟られた。いったい誰が雨雲を呼んでるか、という話になり、あれこれ条件を挙げてふるいにかけたら残ったのは小学校からの友人と私だった。思い返すと誕生日も晴れたためしがない、という私が、雨女を拝命してしまったわけである(その後の状況を見るに、友人はどうやら雨雲とは縁遠くなったらしい。嗚呼羨ましや……)
とにかく、行事や旅行でことごとく降られた。入試の日も合格発表も中学の卒業式も雪、入社面接も雨なら内定式(あったんだよ昔はそんなのが(^_^;))も入社式も大雨。晴れた記憶といえば関西に行った高校の修学旅行くらいだ。
自覚(?)ができると、どうやらこの雨女ぶりにも「一定の条件」があるようだとわかってきた。
北陸・東海・近畿・中国はほとんど降られないエリアらしい(逆に西日本では異常に天候が良過ぎて暑さ負けする…)が、関東ではもれなく降られる。夏場に旅行して台風を背負って帰ってくる羽目になったのも何度か。
おかげで出掛ける前に天気予報を念入りにチェックするのが習慣になった。
果たして、雨嫌いだから却って雨雲がくっついてくるのか、雨雲に好かれてしまったからなおさら雨嫌いになったのか。いまとなっては「鶏と卵」な話である。

ちなみにアウェイ観戦でも私の雨女ぶりは変わらない(例外といえば2002年のカシマくらい。あそこは関東じゃないのか?(^_^;))
いまのところ参戦予定は未定だが、もし雨が降っても苦情は受けかねるであしからず。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.05.24

爪をざっくり

やっちまいました…(ToT)
左の親指のを、包丁で根元に向けて5ミリほど。
切った痛みはさほど感じなかったけど、じわじわ出血して止まらないし鍋は煮えるし腹減ってるし(夕飯の支度中だった)、とにかくティッシュぐるぐる巻きで材料を鍋にぶちこんで、できあがるのを待つ間に応急処置。絆創膏貼って水仕事再開。
血が止まってないので食べ物や包丁まな板につけちゃいかんし、傷口を水につけたくないし、できるだけ濡らさないように気をつけるのはものすごーく面倒(-_-;)
いや、その「面倒」ってのが墓穴なんだな。一手間惜しんだばっかりに……。ちゃんとセオリーどおり料理してれば切ることもなかったわけで。

空腹満たしてじっくり確認したら、生爪剥いだに近い状態(泣)
とりあえず伸びてる分の爪を切って、もいっかい消毒。
切り口(……)がぱたぱた開いてるので、こりゃ当分絆創膏暮らしだな。引っ掛けてまた悪化するのだけは避けたいし。ちゃんと伸びきるにはどれだけかかることやら……。

たかが指先ひとつなのに、何をするにもとっても不便。
こうしてキーボード叩くのもとってもいづいのよぅ!(>_<)
人間のパーツで無駄なものはないのだなぁ、と妙なところで実感している次第。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧